観光
清里高原
清里高原
清里高原は本州の真ん中、山梨県北杜市・八ヶ岳連峰の南麓に位置し、緩やかで圧倒的な広がりの裾野と、変化に富む富士山・南アルプス等 3000メートル級の山々とのコントラストが美しい高原です。四季折々に変化する。自然やのどかな牧場、森の美術館や各種スポーツ・登山・トレッキングなど、観光だけでなく、アウトドアフィールドとしても魅力いっぱいです。
昇仙峡
昇仙峡
昇仙峡(しょうせんきょう)は、山梨県甲府盆地北側、笛吹川の支流、荒川上流に位置する渓谷である。 秩父多摩甲斐国立公園 に属する景勝地で、同公園を代表する景勝地として知られる。
行政的には甲府市に属する。正式名称は御岳昇仙峡(みたけしょうせんきょう)。 全長 5km に亘る渓谷一帯には、花崗岩を深く浸食して形成された奇岩が至る所に見られる。
恵林禅寺
恵林禅寺
丹塗りの門であることから通称「赤門」とも呼ばれている。切妻造り、桧皮葺きで、本柱、控柱ともに円柱を用い、柱には粽形が付けられ、柱下には石造礎盤が置かれている。中通しの本柱は控柱より太く大きく、これを桁行に通した頭貫で繋ぎ、その上に台輪を架し大斗・枠・肘木・実肘木を組み、軒先を海老虹梁で繋いでいる。このような極めて簡単な構架ではあるが、全体に木割りが大きく、その意匠は雄大であり、桃山期の豪放な気風をよく現わしている。
武田神社
武田神社
武田神社 (たけだじんじゃ)は山梨県甲府市古府中町にある神社 。 武田信玄公を祭神とする。
躑躅ヶ崎館の跡地に建てられている。旧社格は県社 。
山梨県立美術館
山梨県立美術館
山梨県立美術館は1978(昭和53)年の開館以来、
コレクションであるミレーの《種をまく人》をはじめ、ミレーを中心としてバルビゾン派の作家、ヨーロッパの主要な風景画家の優れた作品を収集し、今や「ミレーの美術館」として広く親しまれています。また、県内外の優れた近現代作家の作品の収集に力を注ぎ、多くの方々のご厚意による貴重なご寄贈品も加え、所蔵品の総点数は、現在、約1万点にも及びます。
甲斐善光寺
甲斐善光寺
甲斐善光寺(かいぜんこうじ)は 山梨県 甲府市 善光寺にある浄土宗の寺院 。山号は定額山(じょうがくざん)。詳しくは定額山浄智院善光寺(じょうがくざんじょうちいんぜんこうじ)と称する。
長野県長野市 にある善光寺 をはじめとする各地の善光寺と区別するため甲斐善光寺(かいぜんこうじ)と呼ばれることが多く、甲州善光寺(こうしゅうぜんこうじ)、甲府善光寺(こうふぜんこうじ)とも呼ばれている。
ハイジの村
ハイジの村
山梨県立フラワーセンターハイジの村 は、山梨県内にある、アルプスの少女ハイジをイメージした花と星のテーマパーク 。
観光名所への道順はフロントにてお答え致しますのでお気軽にご質問下さい。